×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

膝の痛み改善サプリ

膝の痛みに効果的なサプリ

 

こんな痛みは要注意!

 

 

膝の痛みが軽いときは、しばらく様子をみてから病院に行く、という判断をする人が多いでしょう。しかし、膝をぶつけたなどの外傷性の理由がないのに、膝に違和感があるときは、病院を受診した方がよいでしょう。膝の痛みの主な原因は、「変形性膝関節症」という病気が最も多いですが、発症してすぐに強い痛みはなく、日増しに痛みが強くなっていきます。

 

このときには、膝の軟骨がすり減ったり、ささくれのように毛羽立ったりしていて、通常よりもとても薄くなっている可能性があります。また、もっとひどい状態になっている場合は、軟骨が剥がれてしまって骨がむき出しになっている可能性があります。この状態になると、痛みがとても強く、場合によっては手術が必要になります。ですから、外傷性の理由がないのに、膝に違和感や軽い痛みがあるときは、整形外科を受診した方がよいでしょう。

 

要注意が必要な痛みの症状は、朝、起きたときに膝が曲げにくい、軽い痛みがあるという場合や長い時間正座をしていたり、同じ姿勢をしていてから動き出したりしたときに痛みがある場合です。「変形性膝関節症」は、長年使ってきた膝関節に何らかのダメージが出始めたときに、発症するので、違和感や軽い痛みでも病院で診察を受けた方がよいでしょう。膝の痛みが軽いうちは、サポーターや杖を使って、膝に負担がかからないようにすれば、病状の進行を遅らせることができます。

 

膝の痛みに効くもの

 

膝の痛みの原因は、軟骨がすり減ったり、ささくれのように毛羽立ったりすることがあげられます。また、軟骨を形成しているコンドロイチンやヒアルロン酸の生成が減っていることも原因のひとつです。

 

膝にある軟骨は、膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで徐々に減っていきますが、本来は、体内で生成された成分で形成されます。しかし、先にも述べたように、年齢とともに徐々に生成される量が減っていくので、形成が十分でない状態になります。これを補うには、食事やサプリメントでコンドロイチンやヒアルロン酸を取る方法があります。参考:膝の痛みサプリ

 

最近では、サメの軟骨成分などが含まれたサプリメントやコンドロイチンを配合した医薬品が販売されているので、膝の痛みが続いているときに取り入れてみるとよいでしょう。また、食事ではフカヒレやスッポン、オクラ、鶏の軟骨や皮、納豆、なめこにもコンドロイチンが含まれているので、積極的に食べるようにしてみましょう。
膝の痛みを軽減するために、膝関節の成分を積極的に取り入れるのもよいですが、適度な運動で生成や形成を助け、筋力をつけて膝の痛みを軽減する方法も併せて行うとよいでしょう。

 

膝の痛みが強くなると、歩くのもつらくなります。膝に違和感があるときは、早めに医療機関を受診し、正しい治療を受けた方が長引かずに済む場合があります。自分の膝がどのような状態で痛むのか、診察を受けましょう。

更新履歴